在宅副業

在宅副業で1万円稼ぐための方法

在宅ライターとアフィリエイトの違いとは?

読了までの目安時間:約 5分

 

 

在宅ライターとアフィリエイトは、いずれも自宅でパソコン1台でできる副業です。

 

 

では、在宅ライターとアフィリエイトはどっちが稼げるのでしょうか?

 

 

 

在宅ライターとは?

在宅ライターとは、自宅に居ながらブログ記事やサイトの文章などの依頼を受けて書く仕事です。1記事いくら、という感じで報酬を得ることができます。

 

 

やればやるだけ稼げるので、慣れてくれば月に5万~10万円稼いでいる人もいるようです。ちなみに1記事あたり200~500円程度が相場のようです。

 

 

自宅でパソコンさえあればいつでもすぐにできる仕事なので、普段会社員として働いている人でも休日や平日の夜を利用すればできそうな仕事です。

 

 

 

アフィリエイトとは?

一方、アフィリエイトもまた、自宅でパソコン1台でできる仕事です。ただし、アフィリエイトは無料ブログでも始められますが、長く続けるにはやはりドメインとサーバーが必要になっていきます。

 

 

そのため、月に最低でも1000円程度は経費がかかるでしょう。

 

 

また、アフィリエイトはどこかから依頼されてやるのではなく、自分でアフィリエイトの案件を探して紹介します。

 

 

 

在宅ライターとアフィリエイトの違いとは?

在宅ライターとアフィリエイトは一見、自宅でパソコンのみで始められるので同じではないか?と思うかもしれません。

 

 

しかし、実は大きな違いがあります。それは・・・

 

 

在宅ライターは1記事いくら、という出来高制のため、記事を書き続けなければ報酬が発生しません。

 

 

一方、アフィリエイトは一度書いた記事に誰かが訪問し、紹介されている商品を購入したら自分に報酬が発生します。たとえ、自分が寝てても仕事に行っていてもです。

 

 

つまり、始めは同じく記事を書くという作業をしますが、在宅ライターは書き続けなければ報酬が発生しないのに対し、アフィリエイトはある程度記事を書いてしまえば、あとはほったらかしでも報酬が発生する可能性がある、ということです。

 

 

アフィリエイトは、やればやるほどかかる効力は少なくなっていきます。一方、在宅ライターはいつまでたっても作業量は変わりません。

 

 

それどころか、アフィリエイトサイトでアクセスが集まるようになると、1日に何件も報酬が発生します。1日で1万円なんてことも珍しくありません。

 

 

 

まとめ

在宅でパソコン1台で副業を始めたいなら、アフィリエイトはオススメです。さきほども述べたように、一度記事を書いてしまえば、そこに後々誰かが訪問し、買ってくれる可能性があるからです。

 

 

在宅ライターは簡単に利益を出すことはできますが、利益を得続けるにはずっと作業していかなければなりません。

 

 

ただし、アフィリエイトはライバルも多いので、そう簡単ではありません。しかし、紹介する商品は世の中に無数にあるので、必ずライバルが少ない商品があることも事実です。

 

 

特に普段会社勤めしているなら、なるべく手をかけずに利益を出したいですよね?

 

 

もし、副業を考えているなら、ぜひアフィリエイトを検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

基本的なアフィリエイトの知識を身に着けたいなら、こちらがオススメです。
>>>1000円サイトアフィリ塾
たったの1000円でアフィリエイトの基本が学べます。

 

 

 

 

 

 

タグ :   

副業としてのネットビジネス   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: